アウディA4 1.4T 燃料装置の不具合により、約1,000台のリコール


アウディジャパンが、燃料装置の不具合により、リコールを届け出てます。

取付の不具合によるものなので、交換に比べ時間はかからないのと思いますので、早めに行かれてください。

不具合の部位(部品名)
燃料装置(燃料パイプ)

基準不適合状態にあると認める構造、装置又は性能の状況及びその原因
原動機に装着されている燃料パイプの取付けボルトにおいて、取付作業が不適切なため、締め付けトルクが不足しているものがある。そのため走行振動等により当該ボルトが緩み、最悪の場合、燃料が漏れるおそれがある。

この不具合による事故は報告されておりません。

改 善 措 置 の 内 容
全車両、燃料パイプ取付けボルトを規定トルクで締め付ける。

発 見 の 動 機
市場及び本国からの情報による。

自動車使用者及び自動車分解整備事業者に周知させるための措置
自動車使用者:ダイレクトメール、電話及び電子メール等で通知する。
自動車分解整備事業者:日整連発行の機関誌に掲載する。
対策実施済車には、運転者席側ドア開口部のドアロックストライカー付近に外-2732 のステッカーを貼付する。

 

「アウディ A4 1.4T」
WAUZZZF40HA045177~WAUZZZF4XHA139437
リコール対象車の台数 1,175

 

関連記事一覧