ボルボ プリテンションスプリングの不具合でリコール

リコール届出番号 外-2778 リコール開始日 平成 31年 2月 16日

不具合の部位(部品名) 車体 装置(テールゲ-ト)

基準不適合状態にあると 認める構造、装置又は性 能の状況及びその原因

電動テールゲートにおいて、プリテンションスプリングのアウターチューブを固定しているクリップの強度が不足しているため、氷結等によりアウターチューブの作動が妨げされた際に当該クリップが破損することがある。そのため、アウターチューブの位置がずれ、プリテンションスプリングが折損し、最悪の場合、スプリングが飛散して負傷するおそれがある。
改善措置の内容 全車両、電動テールゲートのプリテンションスプリングを対策品と交換する。

車 名 型 式 通 称 名 リコール対象車の車台番号の範囲及び輸入期間
リコール対象車の台数 備考
ボルボ DBA-UB420XC 「ボルボXC60」
YV1UZ10MCJ1000959 ~ YV1UZ10MCK1266684
平成 29年 7月 12日 ~ 平成 30年 12月 14日 1,453台

ボルボ DBA-UB420XCA 「ボルボXC60」
YV1UZ10MCJ1000934 ~YV1UZ10MCK1266263
平成 29 年 7 月 12 日 ~ 平成 30 年 12 月 14 日 118 台


ボルボ DLA-UB420XCPA 「ボルボXC60」
YV1UZBRMDJ1000974 ~ YV1UZBRMDK1246013
平成 29 年 7 月 12 日 ~ 平成 30 年 11 月 7 日 82 台


ボルボ LDA-UD4204TXC 「ボルボXC60」
YV1UZA8MCJ1042850 ~ YV1UZA8MCK1266638
平成 30年 1月 15日 ~ 平成 30年 12月 14日 1,365 台


ボルボ LDA-UD4204TXCA 「ボルボXC60」
YV1UZA8MCJ1043298 ~ YV1UZA8MCK1266161
平成 30年 1月 15日 ~ 平成 30年 12月 14日 226 台


(計5型式) (計1車種) (輸入期間の全体の範囲)
平成 29年 7月 12日 ~ 平成 30年 12月 14日
3,244台

ボルボXC60改善箇所説明図

関連記事一覧