カジュアルな躍動感!VOLVO(ボルボ)XC40の魅力

photo by Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

VOLVO XC40とは?

photo by Volha-Hanna Kanashyts / Shutterstock.com

ボルボはスウェーデンの自動車会社で、XC40は、2017年に初登場、日本では2018年に初上陸したボルボのプレミアムコンパクトSUVです。ボルボ・カーズとしてXC40が「欧州カーオブザイヤー2018」を初受賞。

VOLV XC40はカジュアルな躍動的なテイスト

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

上質感や伸びやかさを中心にしていた90や60シリーズとは異なり、カジュアルな躍動的なテイストを強調。XC40のスリーサイズは、全長が4425mm、全幅が1875mm、全高が1660mm。ホーイルベースは2700㎜で、同じクラスのSUVと比べると、全長は短めで幅と高さが大きくなっています。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

長さが短く、幅が太く、高さがあるからこそ、躍動感がより強まっています。ボルボXC40のスクエアなフォルムは、独自の躍動感を打ち出すことができるのです。

日本では、XC40 T5 AWD Rデザインが最初に限定販売、そして、即完売

photo by Darren Brode / Shutterstock.com

日本では、XC40が2018年1月にXC40 T5 AWD Rデザインが300台限定で販売され、すぐに完売。価格は559万円でした。後述しますが、ボルボのはT4とT5があり、R-デザインは、スポーティータイプの内装オプションになります。

高い剛性・衝突安全性・運転支援機能を備えたVOLVO XC40

photo by Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

XC40はCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)という最新のプラットフォームを採用したことでも話題になりました。CMAは、コンパクトカーのために新しく開発されたもので、最初からプラグインハイブリッド化やEV化を考えていることや、軽量高剛性を考えて高張力鋼板などを多用しています。

photo by Ian_Stewart / Shutterstock.com

CMAはフロントホーイルの中心からトーボートまでの距離のみを固定して、それ以外を展開車種に応じてフレシキブルに変えられるほか、ボロンスチールを筆頭とする数種のハイテンションスチールを適材適所に使い分けて、高い剛性やと衝突安全性を作り出しています。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

センターコンソールに配置された9インチの世界外線タッチスクリーンで情報操作を集中して行うボルボ独自のインフォシステム=メントシステムや、全車速追従機能付きACCとパイロットアシスト(車線維持支援機構)、ぼる語としては初採用となったオートブレーキ機能付きCTA(クロストラフィックアラート)などを中心とする16種類以上の安全/運転支援機能=インテリーセーフなども装備されています。

日本向けに用意されているパワーユニットは2種類

photo by Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

パワーユニットの共通は、2リットル直4ターボを+8速で、「VOLVO XC40 T4」と「VOLVO XC40 T5 AWD インスプリクション」があります。T4は、最高出力190ps/最大トルク300Nm、T5は、最高出力252ps/最大トルク350Nmです。車両販売価格がT4が約389万円、T5が549万円になります。

ナビなしベースグレードT4なら、唯一300万円台で購入が可能

photo by emirhankaramuk / Shutterstock.com

グレード展開は、カジュアルな内外装のモメンタム、スポーティーなルックスのRデザイン、充実装備のインスプリクションの3種類があります。加えて、T4にのみ、唯一300万円台の価格を実現したベースグレードが用意されています。

photo by emirhankaramuk / Shutterstock.com

オーディオは標準仕様がナビなしの80Wアンプ+3スピーカー、「モメンタム」がナビ付きの250Wアンプ+8スピーカー、「インスクリプション」がナビ付きのハーマンカードン製600Wアンプ+13スピーカー+サブウーファーと、その差は非常に大きいです。ただしハーマンカードン製オーディオは「モメンタム」と「R-デザイン」でも10万円でオプション装着可能です。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

T4のベースグレードでは、ナビこそありませんが、Android Auto、Apple Carplayを使いスマートフォンと連携することで地図表示やアプリの使用などが可能になります。

ブルドッグをモチーフにしたフロントマスク

photo by YmeowKa / Shutterstock.com

直立したグリルと下部左右のエアインテーク(外気を取り入れるための開口部)から構成されるフロントマスクは、スタイリッシュかつちょい悪な雰囲気を漂わせ、ボルボXC40の存在感をより強めています。

綺麗で特徴的なラインも魅力

photo by emirhankaramuk / Shutterstock.com

後端で大胆にキックアップするショルダーラインと、ドアの下部を削り込んだラインは躍動感を盛り上げるキーポイントになっていて、綺麗で特徴的なラインがボルボの独自性をさらに引き立てています。

実用性が高いアイデアが随所に詰め込まれたVOLVO XC40

photo by emirhankaramuk / Shutterstock.com

ドアスピーカーをダッシュボードに移したことで、ドアポケットも大型ペットボトルやラップトップPCが収まるほどの大容量を実現。グローブボックス内にはコンビニフックを隠し持つという細やかな造りになっています。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

横幅と高さを生かしてキャビンスペースも十分に取ることができ、リアシートは外見を見て想像していたよりも着座位置が低いのが気になる方もいるかもしれませんが、足元の空間に余裕があるので、自然な姿勢で過ごすことができます。

photo by lev radin / Shutterstock.com

ラゲッジルームは、586Lとかなりの容量が割り振られて、さら床下収納も用意されています。センタースルー付きの後ろ座席折り畳みを活用すれば、1335Lまで拡張することもできます。

photo by cristian ghisla / Shutterstock.com

ボタン操作で前倒れし完全なフラットフロアが得られる…や中折れ式のフロアボードが荷物の固定に活用できるなど、ラゲッジルームの使い勝手の良さは、さすがのボルボといった感じです。

VOLVO XC40の乗り心地・乗り味は?

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

ボルボXC40の走行性は、新開発されたCMA(コンパクト・モジュラー・アーキテクチャ)によって、かなり快適になっています。20インチタイヤとスポーツサスペンションの組み合わせでも、乗り心地に硬さを感じることがまったくありません。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

デフォルトのコンフォートモードでも、さらにスポーティーなダイナミックモードでも、乗り心地に硬さがなく、しなやかにタイヤを路面に押し付けていく感覚を得られます。ハンドルの切込みに対しての反応が適度に鋭く、しかもピッチ方向もロール方向の動きもよく制御されていて、常にフラットな姿勢を維持することができます。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

最高出力252psを発生するT5は動力性能の余裕も大きいです、上位モデルと比べると車両が軽いうえに、1800rpmから最大トルクを出す企画のために、初速の乗りがかなりシャープです。高速回転域まで一気に到達する伸びの良さも備えているので、8速ATのパドルシフトを使った走りも爽快です。

VOLVO XC40 のラインナップと車両販売価格

photo by Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

・XC40 T4…389万円
・XC40 T4モメンタム…439万円
・XC40 T4 AWD モメンタム…459万円
・XC40 T4 AWD Rデザイン…489万円
・XC40 T4 AWD インスクリプションン…499万円
・XC40 T5 AWD Rデザイン…539万円
・XC40 T5 AWD インスクリプションン…549万円

最後に:「イケてる」と「使える」の双璧で、クルマ体験を引き上げてくれるボルボXC40

photo by VanderWolf Images / Shutterstock.com

外見はカジュアルでも、独自のボディラインや細やかな造りで、異彩を放った強いオーラで、印象は「イケてる」と感じさせるボルボXC40。

photo by Grzegorz Czapski / Shutterstock.com

欧州で唯一、公的な衝突テストを行うユーロNCAPコンソーシアムは7月18日、ボルボカーズの新コンパクトSUV、ボルボ『XC40』(Volvo XC40)の衝突安全テストの結果を最高評価の5つ星に認定しました。

photo by Yauhen_D / Shutterstock.com

広くて乗り心地も良く、イケてる運転も、使える運転もどちらも提供してくれます。一人ドライブを楽しんだり、いろんな物を詰め込んでアウトドアしたり、家族で使ったり、イケてる体験も、使える体験も、とにかくクルマと通じた人生をより一層引き上げてくれる、それがボルボXC40だと言えます。

関連記事一覧