PUGEOT(プジョー)208はフレンチテイストでオシャレなコンパクトカー

photo by Dong liu / Shutterstock.com

世界で最も長い歴史を有する自動車メーカーの1つであり、シトロエンを合併、欧州を代表する自動車のメーカーでもあるプジョー。プジョーは、エンジンやプラットフォームを共通化しながら、乗り心地などはドイツ社の少し硬い設定にするのが特徴です。

photo by Zavatskiy Aleksandr / Shutterstock.com

208は、そんなプジョーの主力モデルがコンパクトハッチバックになります。

・第1世代「201」1929年
・第2世代「202」1938年
・第3世代「203」1948年
・第4世代「204」1965年
・第5世代「205」1983年
・第6世代「206」1998年
・第7世代「207」2006年
・第8世代「208」2012年

プジョーの200シリーズは、世代に沿って、201、202、203…と名前が変わっています。208がデビューしたのは2012年、207より車体サイズを縮小させ、車両重量も大幅に軽量化されたのが特徴です。

photo by EvrenKalinbacak / Shutterstock.com

2015年には大規模なマイナーチェンジを実施して、エクステリアのディテールはプジョー最新の意匠に刷新されました。エンジンは、ガソリンが1.2リットルと1.6リットルがあります。ホットモデルであるGTiは3ドアのみの展開で、他グレードは3ドア、5ドアが設定されています。日本仕様は5ドアのみ導入されています。

独自の個性が表現され、走りの楽しさも味わえる

photo by Zavatskiy Aleksandr / Shutterstock.com

全長は3975mmなので、ホンダ・フィットと同程度になります。全幅が1740mmと少しワイドで、3ナンバー車になりますが、市街地でも運転がしやすいです。外観は丸みのあるデザインがプジョーらしく、適度な引き締まりを感じさせてくれます。

photo by atdr / Shutterstock.com

エンジンは直列3気筒1.2リットルで、スタイルの5速MT仕様は自然吸気エンジンを搭載します。それ以外のグレードはターボを装着していて、自然吸気エンジンに匹敵する動力性能を発揮します。

photo by VanderWolf Images / Shutterstock.com

全高は1480mmと少し低いといったところです。ただし、重心も下がっていて走行安定性は良好です。操舵に対する反応は機敏に仕上げられていて、車両の向きを軽快に変えることができます。乗り心地は少し硬く、粗さは抑えられています。性格がスポーティーで操舵感も機敏なので、走り全体のバランスは取れています。

photo by vlaru / Shutterstock.com

インパネの形状は立体的です。メーターパネルが比較的高い位置に装着され小柄なドライバーは圧迫感を抱きやすいです。それでも、視認性が良く、7インチデジタルタッチスクリーンが収まるインパネの中央部分は、大きく張り出して手が届きやすいです。その代わりにエアコンのスイッチは低い位置に装着されています。

photo by EvrenKalinbacak / Shutterstock.com

208は内外装デザインが個性的で操舵感も機敏に仕上げ、フォルクスワーゲンのポロに比べると、車の楽しさを表現している車と言えます。

プジョー208の車内の居住性と快適性

photo by atdr / Shutterstock.com

前席はサポート性が優れ、座り心地も含めて快適で、長時間でも疲れにくいと言えます。後席は足元の空間が少し狭く感じますが、頭上空間には余裕があります。また、床と座面の感覚も不足気味で腰が落ち込みます。

photo by atdr / Shutterstock.com

車内のインテリアはデザイン性に優れ、小径の楕円ステアリングの上からメーターを確認するようなデザインは、208ならではです。インパネは視線移動が少なく、腕のリーチが届く範囲に操作類が配されていて、運転中の視認性は良好で、マルチファンクションディスプレイが備わります。

安全装備は時速5~30km以下で作動する赤外線レーザー方式のアクティブシティブレーキをはじめ、パークアシスト機能が用意されています。

プジョー208を購入するならおすすめのグレードは、アリュール

photo by Milos Vucicevic / Shutterstock.com

スタイル5速MTはターボが装着されずに、素朴な運転間隔には魅力がありますが、パワー不足でもあります。そこで、ターボを装着したアリュールをオススメします。アルミホーイルなどが備わっても割安です。

価格は237万円。プジョー208は、ほとんどのグレードが250万以下で、輸入車のエントリーモデルとしての意義も大きい一台です。

プジョー208の特徴・ポイント

photo by VanderWolf Images / Shutterstock.com

プジョー208は、取りまわしのいいコンパクトなサイズと、フランス車らしい独自のデザインに魅力がある車です。メーターを高い位置に装着したインパネも同様で、ただし、全体的に圧迫感をともない、サイドウインドウの下端を後ろに向けて持ち上げているので、斜め後方の視界もよくありません。

独自のデザインが生みだしたメリットとデザインを試乗で確かめてみると良いです。

運転感覚も適度に機敏に走れてスポーティーなのですが、ユーザーによっては神経質と受け取る場合もあります。乗り心地の硬さも含めて、ぜひ、確認しておきましょう。

プジョー208のスペック概要

photo by atdr / Shutterstock.com

・全長×全幅×全高 3975×1740×1470mm
・ホイルベース 2540mm
・車両重量 1140kg
・最小回転半径 5.4m
・駆動方式 FF
・車両価格 199万円~368万6600円

ラインナップ

・1.2l直3DOHC FF 5速MT スタイル5MT 199万円
・1.2l直3DOHCターボ FF 6速AT スタイル6AT 199万円
・1.2l直3DOHCターボ FF 6速AT アリュール 237万円
・1.2l直3DOHCターボ FF 6速AT アリュール シエロパッケージ 256万円
・1.6l直4DOHCターボ FF 6速MT GTi 322万円
・1.6l直4DOHCターボ FF 6速MT GTi by PEUGEOT SPORT 368.66万円

関連記事一覧